阪急阪神リート投資法人

不動産ポートフォリオPortfolio Information

R1(K)HEPファイブ

所在地大阪市北区角田町5番15号
敷地面積5,596.11m²
延床面積45,266.96m²
賃貸可能面積6,337.37m² (2,958.94m²)
階数地下3階付10階建
竣工年月1998年11月
関連URL 公式サイト
  • 本物件については、本投資法人14%、阪急阪神不動産株式会社86%の割合で信託受益権を準共有しており、賃貸可能面積については、準共有持分に対応する面積を記載しています。
  • 敷地面積、延床面積については、本物件の土地建物全体に係る面積を記載しています。
  • 賃貸可能面積の括弧内はエンドテナントへの賃貸可能面積を記載しています。

西日本最大のターミナル、梅田エリアに立地

  • 梅田エリアは、JR 、阪急、阪神、Osaka Metroが乗り入れる西日本最大のターミナルであり、店舗数、年間販売額、売り場面積においてもっとも優位性を保持するエリアです。本物件は、阪急百貨店及び阪急三番街と隣接し、南側にはHEP ナビオ、北側にEST等の商業施設が集中するエリアに位置しています。
  • 本物件の入館者数は年間約14百万人(2017年)を誇り、大阪都市圏のファッション専門店ビルとしてはトップクラスとなっています。

観覧車を載せたエンタテインメント性あふれる商業施設

  • 本物件の屋上には直径75mの赤い観覧車(ビルの高さを加えると最高高さ106m)があり、梅田エリア内のランドマークとなっています。また、館内の巨大な赤い鯨のオブジェは、若者の待ち合わせスポットにもなっています。
  • 顧客の中心層は女性を中心としたピュアヤング(高校生から20代前半)です。若年層を意識したファッション系の物販店舗を中心に、飲食、イベントホール、アミューズメント(観覧車等)を取り入れ、エンタテインメント性を高めています。
  • 平成27年6月に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)より、DBJ Green Building 認証「4つ星」を取得しました。(DBJからの発表及び本制度の内容等については以下をご参照ください。
    DBJウェブサイト:http://igb.jp/list.html